<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 北海道にもやっと桜の季節到来2(函館五稜郭ミニョンssiライバル登場) | main | わぁ〜英明さんが遂に北海道へ!釧路は遠いけど懐かしいわ〜 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

ドラマのエンディングって難しいですね〜^^

 

皆様、こんにちは♪

またまた間が空いてしまいましたぁ〜汗

腰痛と言いながらも、

何とか、それなりに過ごしていますヨン〜^^

さて、

前回は話題の日本のドラマ雲の階段について

書かせていただましたが・・・・

ご覧になっていない方は、???ですよね〜

本当は、ヨンジュンさんの作品の感想を書けたらいいのですが、

新作は、今年も発表は期待できないのかな?寂しい・・・

四月の雪の時のあのときめきが懐かしく思われます^^

日本では大ヒットでしたが

韓国の方々には、少し物足りないような・・・

静かで暗めの映画だったのかもしれませんね^?

でも、日本人の大人のおば様達には

この微妙に切ないジレンマが広がる世界感が

琴線を震わせたようです〜

ジホ監督のコダワリなのか、ずいぶんと映画ではカットされていて

家族としては、あんなに素敵なシーンがあったはずなのに

あれも、これもカットなのぉ〜?もったいないなぁ〜

それに、セリフも超少ないし・・・

そうかぁ〜

俳優さん達の表情やしぐさから感じとって

その世界を各々が感じ取って下さいって事?

いずれにしても、フランス映画的なタッチで

数回観ても飽きがこない映画でしたね!

なんたって、インスが素敵だったからぁ〜^^

それにしても、この映画は短かったですね〜

エンディングも、あっさりとポッと出て来た感じで・・・

あらぁ〜この二人はやはり再会したのね〜

でも、この先は上手くゆくのかしら?と思い

季節外れの山々覆う真っ白な雪景色と

そこに流れてきたソンミン君の切なく美しい歌声に

やっと、ぐぐぅ〜〜と胸が締めつ得られ感覚を覚えたように思います〜

荒れた天候が二人のこれからの共に生きるであろう道が

いろいろとハッピー&ラブラブでは済まないものも

出て来るのかもしれないなぁ〜と

いろいろ考えさせられエンディングでしたね^^

ブログでも、熱く語り合ったあの頃が懐かしいですね!

ちょっぴり、余白が多すぎて・・・もっと観たいのに・・・

そんな声が届いたのか

その後に、監督が再編集して

ディレクターズカット版としてDVDが出た事により

少し納得された方々も多かったようですね〜

皆様は、どちらがお好みですか?

私の周りは、やはりこちらが分かりやすくて好きという声が多かったです!


四月の雪インスの恋

再生時間:05:51

四月の雪インスの恋



四月の雪The Road♪

再生時間:04:28

四月の雪The Road♪


さて、四月の雪ばかり熱く語っていますが、

実は、今日はあのネット上で最終話が話題になった

雲の階段のエンディング感想を少し書かせていただきますね!

このドラマは

少し韓ドラっぽい雰囲気も漂い、スリルあり三角関係あり・・・と

続きが気になるりドラマだったので、

飽きずに、あっという間に最終話になりましたぁ〜^^

日本のドラマって、短いから間延びしないっていうか

あっさりしてると言うか・・・?

もっと、続きそうなのにもう終わりなの?

正直、どうやって終わらせるのかしら?と心配になりました〜^^

そして、遂にラストを迎えたシーンが・・・・

前回もちょっと書かせていただいた

無資格医の罪を償い出所した三郎と

野心を抱き上り詰めた筈だったのに・・・・

三郎の偽医者事件で全てを失った

元院長であり義父だった田坂とベンチで並ぶシーンが

登場。。。何かありそう?と不吉な予感が〜? 

檸檬がまだ君の手にの中にある・・・・

お前はまた同じ過ちを繰り返すだろう・・・

そして・・・

脇腹をグサッのシーンへと繋がりました!

これには唖然としましたよ!

ウッソォ〜

これから、やっと優しく美しい明子と

平穏にあの美琴島で再スタートができるのかと

視聴者はきっと思って観ていたことであろうに・・・

それは、あんまりだぁ〜!

確かに、

このまま、またあの医師不足の島に戻り

急患が出たら、また命を助けたい一心でメスを握るのではと・・・

心配もよぎりましたからね〜

そうかぁ〜

元院長の田坂は、それを言いたかったのか?

きっと、人生で成功することを夢見て、

がむしゃらだった自分の若い時と

三郎がダブったのかもしれませんね?

悪役でありながらも憎みきれない一面も見えて来るのは

やはり、内藤さんの名演技の賜物でしょうかぁ〜

それにしても、やっと相川三郎に戻れて良かったわ〜〜と

胸を撫で下ろしていたのに・・・まさか、死んじゃうのぉ〜

でも・・・

これで終っても仕方がないのかなぁ〜・・・涙

きっと、あのメスさばきの感触が三郎の中に残っているのだろうなぁ〜?

これ以上、罪を繰り返しても不幸になるだけだしぃ・・・とも思えたので

少し諦めも付きそうでした〜

が、しかし・・・

またまた、最後に???のシーンが登場しました!

ポトポトと滴り落ちる血を止めようともせず

全てを悟り受け入れたかのように穏やかな表情で目を閉じる三郎・・・

安堵にも似た表情を浮かべうっすらと明けた目には

真っ青な空に羽ばたく鳥が映りました!

あ、あ〜あんな風に羽ばたけたら・・・

そんな思いがよぎったのかもしれません

そして、エンドロールが流れた後に

これまた???

白い砂と青い海・・・

どこか美琴島に似た海岸が映し出されました!

そこに佇む白衣にキャップ姿のスラリとした青年医師の後姿!

怪我をした友達をおぶり、

慌てて砂浜を走って来る白人の少年〜!

「日本から来たお医者さんに診てもらえるから大丈夫だよ〜」と

フランス語で励ましているではありませんか?

ここで、視聴者は混乱?

観ている方々の解釈で三通りのストーリー展開が出来たらしいです!

私は、あ、あ〜天国に召される前に

三郎の夢が脳裏を駆け巡ったのかな?でした!

ブロ友さんは

ひょっとして、元妻のお腹の中の子が

成長して、亡き父の意志を継いで

フランス近郊の医師不足の小さな島で人々を助けている・・・

そして、もう一つは

小さな傷だったので、三郎は助かり

愛する明子と一緒に外国の島の診療所で静かに暮らしている〜

なるほどぉ〜

この作品も余白があり、さらにエンドも視聴者の感性に委ねたのね〜^^

なんとなく、不完全燃焼な気もしたけれど・・・確かに余韻が残りました!

続編ができたらいいなぁ〜と思える雲の階段でした!

詳しいストーリーは★こちらからどうぞ 


相変わらず

★クチコミサイトでは、いろんな感想で盛り上がっていますよ〜

こちらからどうぞ

tonko * - * 09:50 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 09:50 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ